朝ドラ

【おかえりモネ】相関図とキャスト一覧!実在モデルやあらすじは?

連続テレビ小説104作目『おかえりモネ』

2021年度前期の朝ドラ情報がついに解禁されました☆第104作目「おかえりモネ」は“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語です。

ハナ
ハナ
今回の朝ドラは、現代ドラマなんだね!!
サク
サク
描かれた年代で最も近いのは、87作目の「純と愛」かな?2012年の設定だったよね!!

今回は、相関図・キャスト一覧・あらすじ・実在モデル・主題歌・放送日をまとめて紹介します☆

「おかえりモネ」相関図とキャストを紹介♪

※相関図は発表され次第、紹介します!

永浦百音/清原果耶さん

この投稿をInstagramで見る

 

柴田 フミコ(@fumikoshibata_)がシェアした投稿


1995年に生まれ、気仙沼の島で育った百音。家族は、銀行員の父・元中学教師の母・二歳年下の妹・漁師の祖父です。スポーツが得意で音楽好きですが、勉強はやや苦手。高校時代は、はっきりとした自分の将来像が持てませんでしたが、家族と離れて登米に行ったことがきっかけで、気象予報の仕事に目覚めます。

2002年1月30日生まれ、大阪府出身です!Perfumeに憧れて幼少期から歌とダンスのスクールに通います。2014年、母親がアミューズの新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」に好奇心で応募したのがきっかけ!最終審査会で3万2214人の中からグランプリおよびポイント賞を受賞し、事務所へ所属しました。

永浦耕治/内野聖陽さん

この投稿をInstagramで見る

 

sui(@suisuikanatu)がシェアした投稿


陽気で屈託ない、百音の父。実家の漁業を継がず、地元の銀行に勤めます。若い頃はトランペット奏者として鳴らし、百音が音楽と出会うきっかけを作りました。2人の娘のことが大好きで、故郷を離れて登米に暮らす百音が心配でしかたありません。妻の亜哉子には頭があがらない。

1968年9月16日生まれ、神奈川県横浜市出身です!1993年のドラマ「街角」でデビューし、「午後の遺言状」で映画初出演。NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」で広く知られるようになり、(ハル)では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

永浦亜哉子/鈴木京香さん

この投稿をInstagramで見る

 

高橋葉(@yowtakahashi)がシェアした投稿


仙台出身の元小学校教師で、生真面目な性格。耕治と結婚後は、島の人々の明るさと温かさにほれ込み、移り住みました。今は義父の牡蠣養殖業を手伝いながら、亡き義母が切り盛りしていた民宿を再開できないかと思っています。登米で自分の将来を模索する百音を信じ、応援する。

1968年5月31日生まれ、宮城県出身です!1989年に公開された映画 『愛と平成の色男』で女優デビュー。1991年、1年間にわたって放送されたNHKの連続テレビ小説 『君の名は』でヒロイン真知子役を演じ、“朝ドラ女優”として人気女優となりました。

永浦未知/蒔田彩珠さん

この投稿をInstagramで見る

 

Yuta Richard Kaimai(@this_is_me.112)がシェアした投稿


百音の2歳年下の妹。勉強が得意で、堅実に先を読んで行動するしっかり者。百音とは正反対の性格ですが、昔から仲の良い姉妹でした。父と姉に代わり、自分が家業の養殖を担おうと、水産高校で勉強に打ち込んでいます。のちに水産試験場に就職。不器用で、意地っ張りな一面も。

2002年8月7日生まれ、神奈川県出身です!子役としてCMに出演する兄を見て「私もテレビに出たいな」と芸能事務所に所属し、7歳で子役デビューしました!10歳の時に出演したドラマ『ゴーイング マイ ホーム』で「非常に柔軟性があって、勘もすごくいい。何も心配していない」と演技を高く評価されています!

永浦龍己/藤竜也さん

この投稿をInstagramで見る

 

Hiro Kimura(@hirokimura_)がシェアした投稿


実直で海をこよなく愛する、牡蠣養殖の名人。若い頃は遠洋漁業のマグロ船に乗っていましたが、やがて養殖業に転向。その手間暇を惜しまない牡蠣づくりで、遠方から注文するファンも多い。寡黙で頑固ですが心優しく、幼い頃の百音や未知に、海や森の豊かさを伝えていました。

1941年8月27日生まれ、神奈川県横浜市出身です!大学在学中、銀座の日劇前でデートの待ち合わせ中にスカウトされて、日活に入社1962年に『望郷の海』でスクリーンデビューしました。「海猿」「村の写真集」「ミッドナイトイーグル」などに出演!

永浦雅代/竹下景子さん

この投稿をInstagramで見る

 

@siomiekoがシェアした投稿


龍己の妻で、故人。生前は龍己の漁業を支えながら、自宅で民宿も営んでいました。愛情深く包容力のある人で、百音の同級生たちは今でも雅代を慕っています。病気で他界し、今は百音たちを見守りつづけている。

1953年9月15日生まれ、愛知県名古屋市東区出身です!高校1年生の時、大学進学で上京後、三船プロに所属し本格的に女優として活動を始めます。1973年、NHK『波の塔』で本格デビューし、以後多くのテレビドラマにレギュラー、ゲスト出演しました。

新田サヤカ/夏木マリさん

この投稿をInstagramで見る

 

スクラッチ(映像制作会社)(@scratch_staff)がシェアした投稿


登米の資産家。伊達家家老の子孫と噂され、あだ名は“姫”。所有する山林を森林組合に託し、カフェや診療所も経営しています。百音の祖父・龍己とは旧知の仲で、登米にやってきた百音を下宿させている。豪快かつ懐の深い人物で、百音に森の豊かさと厳しさを叩き込んでゆきます。

1952年5月2日生まれ、東京都豊島区出身です!19歳の時に本名の「中島淳子」名義で歌手デビューしました。その後、夏木マリに改名し、1973年にシングル「絹の靴下」を発表しています。2001年、アニメ映画『千と千尋の神隠し』での湯婆々役として話題になりました。

菅波光太郎/坂口健太郎さん

この投稿をInstagramで見る

 

aki(@greenapple711)がシェアした投稿


サヤカが開設した診療所の医師。東京の大学病院に籍を置き、1週おきに診療所へやってきます。さほど地域医療に興味がないのか、常にドライで不愛想。百音ともソリが合わなかったのですが、やがてその明晰な頭脳を活かして百音に気象予報の勉強を教え始め、距離が縮まってゆく。

1991年7月11日生まれ、東京都府中市出身です!19歳のときに、自ら応募した第25回『MEN’S NON-NO モデルオーディション』に合格しモデル活動をスタートします。2014年、映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビューしました!

佐々木翔洋/浜野謙太さん

この投稿をInstagramで見る

 

EYETHINK HIROB(@eyethink_hirob)がシェアした投稿


百音が働く森林組合の課長。組合長でもあるサヤカの急な発案などに振り回されつつ、日夜現場のために汗をかき、働いています。百音に林業のイロハはもちろん、森林セラピーなどユニークな事業も教える。伊達藩時代から続き、市民が守っている地元の「能」の伝承者でもあります。

1981年8月5日生まれ、神奈川県横浜市戸塚区出身です!2005年にスペースシャワーTVの『STUDIO GROWN』にレギュラー出演した頃から知名度が上がりました。2005年に出演した映画『ハチミツとクローバー』を皮切りに、俳優としても様々なドラマ・CMなどに出演しています。

川久保博史/でんでんさん

この投稿をInstagramで見る

 

隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿


森林組合の古参職員。木に関する豊富な知識と経験を買われ、定年後も嘱託として勤めています。一見のほほんとしていますが、誰よりも森の未来を考え、新事業開拓にも積極的に取り組む。登米出身である石ノ森章太郎の大ファンで、語り始めると止まりません。

1950年1月23日生まれ、福岡県筑紫野市出身です!30歳の時に出演した人気TV番組「お笑いスター誕生!!」をきっかけに、お笑い芸人として芸能界入りしました。1981年、森田芳光監督作「の・ようなもの」で映画デビューし、役者に転向しています。

朝岡覚/西島秀俊さん

この投稿をInstagramで見る

 

(@happyday._.yone.youn_love0801)がシェアした投稿


テレビで有名な気象キャスター。物腰柔らかな人物で、登米を訪れた際には百音に「気象予報は未来を予測できる世界なのだ」ということを教えます。東京の民間気象予報会社で働き、各分野の「気象ビジネス」にも精力的に取り組んでいる。やがて上京した百音の上司となります。

1971年3月29日生まれ、東京都八王子市出身です!子どもの頃から映画好きで映画関係の仕事がしたいと考えていたところ、19歳の時に先輩の薦めで受けたオーディションに合格し俳優の道に進みます。ドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優デビューしました。

キャストは随時更新していきます☆

「おかえりモネ」あらすじ

永浦百音(ももね)は、宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていました。2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことに。大学受験にことごとく失敗し、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさんの元に身を寄せたのです。将来を模索する百音は新天地で、林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめます。

そんな百音に、転機が・・・東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士がやって来たのです。彼と一緒に山を歩く中で、「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受けました。「自分も未来を知ることができたら」。そして一念発起、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強をはじめますが、試験の合格率は5%!!

勉強が苦手な百音はなかなか合格できず、くじけそうになりますが、登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破。百音は上京し、民間の気象予報会社で働きはじめます。そこで、この仕事がどれだけ多岐に渡るのか知りました。

日々の天気や防災はもちろん、漁業・農業・小売業・インフラ・スポーツ・さまざまな事情を抱えた個人…天候次第で人の人生が大きく左右されることを痛感した百音は、個性的な先輩や同僚に鍛えられながら、失敗と成功を繰り返し、成長していきます。

……数年後の2019年。予報士として一人前となった百音は、大型台風が全国の町を直撃するのを目の当たりにします。これまでに得た知識と技術をいかし、何とか故郷の役に立てないかと思った彼女は、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をしました。

「おかえりモネ」実在人物はいる?

実在モデルについて調べましたが、ハッキリとした人物がまだ判明しませんでした!しかし、何となく似ている人物がいました!

実在モデルは宮崎由衣子さん?!

この投稿をInstagramで見る

 

くぼてんき(@kubotenki)がシェアした投稿


1984年12月30日生まれ、長崎県長崎市出身です!実家が営む病院を継ぐために医学部進学を目指して4浪しますが、合格できませんでした。そこで、希望していた音楽大学に志望を切り替え、昭和音楽大学へ進学。

コンサートの企画運営などを学び、自身の声で情報を届ける仕事に興味を持つようになりました。大学4年次からは、日本ナレーション演技研究所でナレーションを学びます!そして、在籍中に起きた東日本大震災を契機として、防災情報を伝え人の命を救いたいと思うようになり、気象予報士試験へ向けた勉強を始めました。5回目で合格し、2014年3月に気象予報士登録を受けています。

ハナ
ハナ
音楽が好き・大学受験にことごとく失敗・東日本大震災がきっかけなど似ているところ多いよね!
サク
サク
ただ、宮崎由衣子さんは長崎出身なんだよね・・・。

「おかえりモネ」は安達奈緒子さんの脚本による、オリジナル作品です。しかし、参考にした人物は存在すると思うので詳しい情報が分かり次第追記します!

脚本:安達奈緒子さんについて!

子どもの頃から物語を作ることに興味を持ち、早稲田大学で演劇研究会に所属していました。卒業後は、ドラマ脚本を学ぶために日本脚本家連盟ライターズスクールに進み、68期を修了。

その後、海外ドキュメンタリー番組の日本語字幕やナレーションを制作する会社で台本作りに従事しながらコンクールに応募し、2003年に『僕らの未来に子供たちはイエスと言うか』で第15回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞しました。2004年、フジテレビのスペシャルドラマ『冬空に月は輝く』の脚本でデビューしています。

代表作は?
●失恋ショコラティエ
●ドラマ24 きのう何食べた?
●土曜ドラマ サギデカ
●G線上のあなたと私
●劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-

「おかえりモネ」主題歌は?

主題歌はまだ決定していませんでした!発表されたらコチラに追記します!

「おかえりモネ」放送はいつから?

放送日

【放送予定】
2021年春~ 
【制作スケジュール】
2020年秋ごろクランクイン予定です!

スタッフ

【主なロケ予定地】
宮城県気仙沼市・宮城県登米市・東京都 
【スタッフ】 
制作統括/吉永証さん・須崎岳さん 
プロデューサー/上田明子さん
広報プロデューサー/川口俊介さん 

演出/一木正恵さん・梶原登城さん・桑野智宏さん・津田温子さんほか 

まとめ

今回は、「おかえりモネ」のキャスト相関図一覧やあらすじ・脚本などを紹介しました☆どんなキャストが勢揃いするのか気になりますが、久しぶりの現代ドラマをどう描くのかも楽しみですね♪最新情報を掲載してくので、気になる方はぜひチェックしにきてください!最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆