朝ドラ

おちょやん岡田宗助(名倉潤)の実在モデル!べっぴんさんにも出演!

連続テレビ小説103作目『おちょやん』

女優の道を生き抜き”大阪のお母さん”と呼ばれるまでになった、ひとりの女性の物語です。そんな「おちょやん」に登場する芝居喫茶「岡安」の主人・岡田宗助を名倉潤さんが演じるということなので、注目していきます!!

ハナ
ハナ
岡田シズを演じる、篠原涼子さんと夫婦役なんだね☆
サク
サク
名倉潤さんのキャラクター気になるなぁ!!

今回は、役柄・実在モデル・プロフィール・出演作・評判など、朝ドラ2回目の名倉潤さんについて紹介します♪

「おちょやん」名倉潤さんの役柄は?!

岡田宗助 役

芝居茶屋「岡安」の主人です。シズに一目ぼれし、婿養子として岡田家に入ったため、シズには頭が上がりません。温和でやさしい性格で、シズや千代を後ろから優しく支えています。

ハナ
ハナ
温和でやさしい性格かー♪
サク
サク
名倉潤さんそのものなんじゃない?!

シズや千代を後ろから優しく支えていく存在ということで、安心して観れそうですね☆

あらすじ

ヒロイン・竹井千代は明治の末、大阪の南河内の貧しい家に生まれました。小学校にも満足に通えず、9歳のときに道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出されます。そこで目にしたのが、華やかな芝居の世界。

千代は女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいきます。そして、京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加することに。そこで、喜劇界のプリンス・天海天海(あまみてんかい)と出会って結婚。喜劇女優として少しずつ成長していきます。

千代は天海と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘しますが、戦争が始まって道頓堀は空襲を受けました。戦後、劇団は「鶴亀新喜劇」として復活しますが、結婚生活は破綻。千代は芝居の世界から去ってしまいます。

しかし、ラジオドラマへの出演をきっかけに、女優として不死鳥のように復活!そのラジオドラマで、12人の子供を抱える母親役を演じました。大家族をめぐる泣き笑いのドラマは大きな反響を呼び、10年にわたる人気番組となります。そして、彼女は「大阪のお母さん」として絶大な人気を獲得し、名実共に上方を代表する女優に・・・。

実在モデルは誰?!

岡田宗助の実在モデルを探してみましたが、現段階では特定できる人物がみつかりませんでした。浪花千栄子さんは史実によると、8歳で出された奉公先では酷いパワハラにあっていたようなので、妻・岡田シズのような”もう一人の母親”的存在の人物はいなかったのでは・・・と考えられます。

もしかすると、奉公先の向かいにあった芝居喫茶「岡島」でも女中として働いていたので、妻のシズは岡島の女将さんかもしれません!ちなみに岡島には、後に結婚する天海一平の実在モデル・渋谷天外が居候していました。それがあっていれば、岡島の女将の主人が実在モデルということに?!

しかし詳しい情報がなので、おちょやんのオリジナルキャラクターという可能性も・・・何か分かることがあれば追記していきます!!

※「おちょやん」は実在人物をモデルとしていますが、物語を大胆に再構成し、フィクションとして描かれています!

名倉潤さんのプロフィール♪

この投稿をInstagramで見る

 

門 りょう(@rio19891015)がシェアした投稿

名前:名倉潤(なぐらじゅん)
生年月日:1968年11月4日
出身地:兵庫県姫路市
血液型:AB型
身長:170㎝
所属事務所:ワタナベエンターテインメント
趣味・特技:料理・読書・映画鑑賞・野球観戦・格闘技観戦・野球・ゴルフ・サーフィン

デビューについて

俳優志望だった名倉潤さんは、1986年に芸能活動を始めました。3年後にお笑いに転向し、渡辺勝彦さんと「ジュンカッツ」としてコンビを組み、ツッコミを担当します。しかし、渡辺勝彦さんが引退したためピン芸人に・・・。

仕事が激減していたところ、原田泰造さん・堀内健さんのコンビ「フローレンス」で”ツッコミをやってほしい”と誘われ、1993年に「ネプチューン」を結成しました。

2000年代になると、名倉潤さんは司会やコメンテーターや雑誌の執筆活動・原田泰造さんはCM出演を含めた俳優業・堀内健さんは俳優業に加えトーク番組・バラエティー番組に単独で出演するなど、それぞれの特性を活かしピンでも活躍しています。

私生活について

2005年4月5日に、元おニャン子クラブの渡辺満里奈さんとの結婚を発表。2007年12月9日に第一子となる長男が誕生し、2010年6月24日には第二子となる長女が誕生しています。

2018年6月に頚椎(首)椎間板ヘルニアの手術を受けて2週間の休養をしていました。2019年8月、頚椎椎間板ヘルニア手術の術後ストレスにより発症したうつ病のリハビリのため、2か月間の休養に入ると発表。その後、『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』の収録から仕事に復帰しました。

名倉潤さんの出演作は?

べっぴんさん/野上正蔵 役

物語:モデルはアパレルメーカーファミリア創業者のひとりである坂野惇子さん昭和時代兵庫県神戸市大阪や近江などを舞台に、戦後の焼け跡の中で子ども服作りに邁進する姿が描かれています。

役柄:潔(高良健吾さん)の父。坂東営業部の番頭を経て、1942年の時点には取締役を務めます。戦時中の統廃合により失った坂東営業部を息子夫婦と協力して復活させることを誓いますが、大阪大空襲に罹災し命を落としました。

その他の作品は?

【ドラマ】
●もっとあぶない刑事 第22話/エキストラ出演
●リモート/太田黒祐介 役
スペシャルドラマ・境遇/下田俊幸 役

【CM】
●サントリー「ビタミンウォーター」
大塚チルド食品「野菜の戦士」
サントリー「伊右衛門
●新潟テレサービス

大塚チルド食品とサントリーのCMでは、渡辺満里奈さんと夫婦共演でしたよね♪このほか、ネプチューンのレギュラー番組「ネプリーグ」「しゃべくり007」「あいつ今何してる?」などにも出演し活躍しています☆

名倉潤さんの評判は?

名倉潤さんが、どんな印象を持たれているのか紹介します!


演技力について調べてみましたがありませんでした!ツッコミや人柄が好かれているのは分かったのですが・・・♪演技については「おちょやん」を観て確認するしかないですね☆

まとめ

今回は「おちょやん」で岡田宗助を演じる”名倉潤”さんについて紹介しました☆残念ながら、実在モデルについての情報や演技についての評価はありませんでした。渡辺満里奈さんとおしどり夫婦の名倉潤さんが、篠原涼子さんとどんな夫婦を演じるのか注目しましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆