ドラマ・映画

極主夫道の相関図や登場人物一覧!原作や主題歌もまとめて紹介!

『極主夫道』

2020年10月から日本テレビ系の日曜ドラマ枠で放送されるのは、仁義なきヒューマン任侠コメディです!伝説の極道”不死身の龍”がエプロンに着替え、専業主夫に!!豪華キャストはもちろん、不死身の龍を演じる玉木宏さんの強面と主夫のギャップに注目です☆

ハナ
ハナ
これは視聴率もかなり高そうだね☆
サク
サク
津田健次郎さんが龍を演じた実写版PVも話題になったしね!

今回は、相関図・登場人物一覧・あらすじ・原作・全話の視聴率・主題歌・放送日をまとめて紹介します☆

「極主夫道」相関図

「極主夫道」登場人物を紹介♪

龍/玉木宏さん

この投稿をInstagramで見る

 

Toichiro Ruto(@toichiro.ruto)がシェアした投稿


極道から足を洗った後に美久と結婚して、専業主夫に!強面にグラサンですが、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンをつけています。足は洗っているのですが、外見や言動は極道時代のものが抜けていません。

1980年1月14日生まれ、愛知県名古屋市出身です!中学3年生の頃、ドラマ『若者のすべて』に影響を受けて、芸能界入りを志すように。16歳の時に名古屋のサカエチカでスカウトされ、1998年のドラマ『せつない』で俳優デビューしました。

美久/川口春奈さん

この投稿をInstagramで見る

 

ᴄʜɪᴋᴀ(@yamada_ryo_00509)がシェアした投稿


龍の妻で少し天然。デザイナーとして働くバリバリのキャリアウーマンです。しかし、龍とは対照的で非常にルーズなうえ、片付けも苦手・・・さらに、料理はこれでもかというほど下手くそです。そのため、家事は全て龍に任せています。

1995年2月10日生まれ、長崎県五島市出身です!2007年、第11回『ニコラ』のオーディションでグランプリを獲得し、2007年10月号の「ニコラ」でデビュー。2009年10月クールの月9ドラマ『東京DOGS』で女優デビューを果たしました!

雅/志尊淳さん

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿


現在も龍を慕っている元舎弟。龍がいなくなって以降、組は衰退する一方で、龍に極道の道に戻って欲しいと願っています。まっすぐな性格でみんなに慕われていますが、不器用な一面も!

1995年3月5日生まれ、東京都出身です!ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン向日岳人役で俳優デビューしました。2018年トランスジェンダーの役で主演を務めた『女子的生活』で、第73回文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門で放送個人賞を受賞するなど高い評価を得ています!

酒井タツキ/古川雄大さん

この投稿をInstagramで見る

 

がたさん(@gatasan3497)がシェアした投稿


交番勤務の警察官。龍たちが暮らす街の平和と安全を願い、日々パトロールをしています。伝説の極道・龍が足を洗ったとは信じらし、れず、常に龍の動きに目を見張らせている。ただ、少し天然で早とちりな面があり、時に事態をややこしくしてしまいます。

1987年7月9日生まれ、長野県上高井郡高山村出身です!19歳から芸能活動を本格的に開始。ドラマ『風魔の小次郎』で俳優デビューし、ミュージカル『テニスの王子様』に不二周助役で出演し、初舞台に立ちました

大前ゆかり/玉城ティナさん

この投稿をInstagramで見る

 

りな✉ たまぴよ(@t0s6ti7)がシェアした投稿


純喫茶でアルバイトをしている女子大生。物怖じしない性格で、龍のような強面の客にもごく普通に接します。龍のインスタをチェックしている数少ないフォロワー。そのアカウントのファンですが、作者が龍だとはまだ知りません。

1997年10月8日生まれ、沖縄県出身です!友達と家の近くを歩いていた時に、事務所の社長からスカウトされたのがきっかけせ芸能界デビュー。『ダークシステム 恋の王座決定戦』でドラマデビューし、2015年6月27日公開の『天の茶助』で映画デビューしました。

田中和子/MEGUMIさん

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿


龍たちが暮らす火竜町(かりゅうちょう)・婦人会の会長。龍のことを、主婦仲間として認めています。一方で、龍の高すぎる主夫力を自分のために利用しようとする、したたかな一面も持っている。

1981年9月25日生まれ、岡山県倉敷市出身です!主な出演作は、「偽装不倫」伴野灯里役、「デイジー・ラック」高桑瑞枝役、「フリンジマン」桐野夏美役、「黒い十人の女」皐山夏希役、映画では「KABUKI DROP」「闇金ドッグス3」「孤狼の血」「巫女っちゃけん」などに出演しています。

佐渡島幸平/安井順平さん

この投稿をInstagramで見る

 

辻本 耕志(@tsujimotokouji)がシェアした投稿


交番勤務の警察官で、酒井の先輩。酒井とコンビでパトロールをしていますが、捜査はいつも思わぬ方へいってしまいます。

1974年3月4日生まれ、東京都出身です!劇団イキウメの劇団員。舞台「OUT OF ORGER」「店長と万引き犯と不思議な面々」「表と裏と、その向こう」、2013年舞台「地下室の手記」などで活躍。第21回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞しています。

太田佳世/田中道子さん

この投稿をInstagramで見る

 

田中道子マネージャー【公式】(@tanakamichiko.mg)がシェアした投稿


火竜町・婦人会のメンバー。会長の田中同様、主婦仲間として龍に一目を置いています。

1989年8月24日生まれ、静岡県浜松市出身です!2013年「Miss World Japan 2013」で日本代表としてグランプリを受賞。ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」4代目秘書・白水里果役で女優デビューし、「貴族探偵」鑑識員・冬樹和泉役でもレギュラー出演しています。

向日葵/白鳥玉季ちゃん

この投稿をInstagramで見る

 

えびふりやぁー🍤(@kokoro_ai906)がシェアした投稿


龍と美久の娘で、小学生。年齢に似つかわしくないほどのしっかり者。母の美久よりもどこか大人びています。

2010年1月20日生まれ、東京都出身です!1歳の時に芸能活動を開始し、企業広告ポスターやCM、WEB広告などに出演。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でドラマ初出演、『永い言い訳』で映画初出演を果たしました。

井田昇/中川大輔さん

この投稿をInstagramで見る

 

甲斐 翔真 ♡(@yourcrush_jp)がシェアした投稿


「大城山組」の組員。大城山組の切り込み隊長。しかし、事態はしばしば思わぬ方向へ…。

1998年1月5日生まれ、東京都出身です!大学1年生のときにMEN’S NON-NOのオーディションに応募し、グランプリを受賞。『俺のスカート、どこ行った?』で須長伝次役として初レギュラー出演を果たしました。

岡野純/片岡久迪さん

この投稿をInstagramで見る

 

片岡久迪 / Hisamichi Kataoka(@hisamichi.k)がシェアした投稿


「大城山組」の組員で、金髪がトレードマーク。威勢はいいのですが、龍や虎二郎に恐れをなしています。

1997年6月4日生まれ、千葉県出身です!趣味は、一人旅・素敵なレストランへ行くこと!特技は、日常会話ができる程度の英会話・野球(12年)・バイオリン(11年※~現在)で、15~18歳まではイギリスに高校留学していました!

遠野誠/水橋研二さん

この投稿をInstagramで見る

 

モルエラニの霧の中(@moruerani_movie)がシェアした投稿


ゆかりのアルバイト先の喫茶店店長。物怖じしないゆかりの接客にヒヤヒヤしています

1975年1月13日生まれ、東京都出身です!友人に誘われたことがきっかけで、映画「331/3r.p.m」で1996年に映画デビュー。数々の映画・テレビドラマ・CFに出演する実力派俳優の1人です。

三宅亮/本多力さん

この投稿をInstagramで見る

 

本多力(@hondachikara)がシェアした投稿


龍が行きつけのスーパーの店長。

1979年6月12日生まれ、京都府京都市出身です!1999年5月からヨーロッパ企画に参加しています。第2回公演「翼よごらんあれが恋の灯だ」以降、ほぼ全ての本公演作品に出演。「ことばドリル」や「銀河銭湯パンタくん」などNHK Eテレでの出演も!

立花ユキ/新津ちせちゃん

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿


小学生。向日葵の同級生で、お友達。

2010年5月23日生まれ、東京都出身です!アニメ監督の新海誠さんと女優の三坂知絵子さんの間に誕生し、生後まもなく映画に初出演。2014年にミュージカル『ミス・サイゴン』のタム役でデビューしました!

大城山國光/橋本じゅんさん

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿


「大城山組」の組長で、天雀会とは敵対関係にあります。組員たちとともに、天雀会や龍に何かと突っかかってくる。

1964年2月25日生まれ、兵庫県神戸市東灘区出身です!1992年、NHK連続テレビ小説『ひらり』で、熱狂的阪神タイガースファンの医師・小林雅人を演じ、お茶の間での知名度が上がりました。

虎二郎/滝藤賢一さん

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿


“剛拳の虎”と呼ばれた武闘派で、“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道。その後、ある事件を起こし服役していました。現在は1人で露店クレープ屋を営んでいます。

1976年11月2日生まれ、愛知県名古屋市出身です!大河ドラマ『龍馬伝』の小松帯刀役や『踊る大捜査線』シリーズの中国人刑事役、連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の食堂の亭主役など、脇役として多数のテレビドラマや映画に出演しています。

江口雲雀/稲森いずみさん

この投稿をInstagramで見る

 

由美(@yumi_actress)がシェアした投稿


江口会長の妻で、「天雀会」の姐御。漢気に溢れ、仁義をもって天雀会を支えようとします。一方で、無自覚にも雅や江口会長を振り回すような茶目っ気のある性格をしている。

1972年3月19日生まれ、鹿児島県出身です!1989年、高校3年生の時にモデルデビュー。『上を向いて歩こう!』で念願の女優デビュー・連続ドラマ初出演を果たし、注目を浴びました。

江口菊次郎/竹中直人さん

この投稿をInstagramで見る

 

dew(@sonyaruri05)がシェアした投稿


「天雀会」会長。 雲雀には一切頭が上がりませんが、雅には理不尽に叱りつけることもしばしば。 極道から足を洗った龍を、天雀会になんとか引き戻したいと思っています。

1956年3月20日生まれ、神奈川県横浜市金沢区出身です!「シコふんじゃった。」「EAST MEETS WEST」「Shall we ダンス?」では日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。NHK大河ドラマ「秀吉」で主演を務め、人気漫画「のだめカンタービレ」のドラマ版&映画版に出演しています。

追加キャストが発表され次第、更新していきます☆今後、どんな豪華キャストが登場するのか楽しみにしましょう♪

「極主夫道」あらすじ

史上最強の専業主夫が降臨!主夫力高すぎる“元極道”が筋を通し、世の中と仁義を斬りまくります!!

裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道、“不死身の龍”。そんな彼が極道から足を洗い、選んだ道はなんと専業主夫でした!町内・極道・警察が相まみえる中で描くのは【極主夫流の“正義と家族愛”】

最強の主夫が大奮闘するドタバタ痛快劇!!事件に巻き込まれた、愛する町と家族を龍は守り抜くことができるのかー?

「極主夫道」原作はある?

原作はアノ人気漫画!!

この投稿をInstagramで見る

 

@matashita3104がシェアした投稿


『極主夫道』の原作は、おおのこうすけさんの人気マンガ「極主夫道」です♪「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で第2位に輝き、累計200万部突破しています!!ちなみに、新潮社のWebマンガサイト・くらげバンチにて連載中で、単行本は5巻まで刊行されていますよ☆

『極主夫道』の実写版PVって?!

YouTubeチャンネル「くらげバンチ新潮社」が2019年に、「『極主夫道』実写版PV」を公開!!この実写版PVには津田健次郎さんが出演し、声だけでなく演技も務めていました。津田健次郎さんが物騒なセリフを吐きながら淡々と家事をこなすシュールな様子が話題になりましたよね♪

津田健次郎さん主演のPVが完璧』 『このクオリティでドラマ化してほしい』という声が上がるほどでした!今回のドラマ化の期待もあがりそうですね☆

「極主夫道」視聴率にも注目!

「極主夫道」放送終了後に全話の視聴率を紹介していきます!

各話 放送日 視聴率
1話 2020年10月11日 11.8%
2話 2020年10月18日 10.1%
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話
10話

「極主夫道」主題歌は?

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマ『極主夫道』【公式】(@gokushufu_drama)がシェアした投稿


ドラマ『極主夫道』の主題歌は、Da-iCEの最新曲「CITRUS (シトラス)」に決定しました。ドラマのために書き下ろされた楽曲で、「自分が信じた道を極める」ことの大切さ・決意を、魂を込めてエモーショナルに歌ったロックバラードとなっています!

「極主夫道」放送はいつ?

2020年10月11日スタート!!
毎週日曜日よる10:30から放送です♪

まとめ

今回は、『極主夫道』の登場人物・相関図・原作などをまとめて紹介しました☆大人気マンガが原作なのと、豪華キャスト大集結ということで注目されると思います♪原作を読んでいない方でも楽しめると思うので、ぜひご覧ください!最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆