ドラマ・映画

私の家政夫ナギサさんキャスト相関図一覧!原作とあらすじネタバレ!

家政ナギサさん

働き盛りで仕事に一直線!だけど家事と恋は不器用な28歳の独身女性が、おじさん家政夫を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディです!主人公・メイが、仕事だけでなく恋も婚活も頑張り、いっぱいいっぱいになる姿を表情豊かに明るくポップに演じます♪

ハナ
ハナ
このドラマ面白そうだなぁ♪
サク
サク
これはメモしておかないと☆

今回は、相関図・キャスト一覧・あらすじ・原作・視聴率・主題歌・放送日をまとめて紹介します☆

「私の家政夫ナギサさん」相関図とキャストを紹介♪

相原メイ/多部未華子さん

この投稿をInstagramで見る

 

mikako tabe^^(@mikakotabee)がシェアした投稿


製薬会社「天保山製薬」の営業職であるMRとして働くアラサー女性。自他共に認める負けず嫌いで、仕事では入社3年目からずっと営業成績1位を維持しています。隙がないので、周囲からは「仕事もプライベートも完璧」と思われていますが、実は仕事以外のことはとにかく無頓着で不器用。

家事が大の苦手で、部屋は物で溢れ散らかり放題。家事や恋愛や婚活もしなければと思ってはいますが、全ての時間を仕事に捧げてしまうため結局後回しに。しかし、おじさん家政夫のナギサさんとの出会いを機に、自分の人生と幸せについて考えるようになっていきます。

1989年1月25日生まれ、東京都出身です!2002年、スカウトされてヒラタオフィスに所属しました。Janne Da Arcの「Rainy 〜愛の調べ〜」のPV出演で女優デビューを果たします!

鴫野ナギサ/大森南朋さん

この投稿をInstagramで見る

 

大森南朋 月に吠える。(@tsukinihoeru.6960.naoomori)がシェアした投稿


家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」に勤めるエース家政夫。50歳のおじさんという、家政夫としては異色の存在ながら、指名率ナンバーワンを維持。依頼者の生活をサポートする家政夫という仕事に誇りを持っていて、掃除・洗濯・料理といった家事全般を完璧にこなします。

また口数は少なく、謙虚で穏やかな人柄と独特の安心感、そしておじさんならではの豊富な人生経験を併せ持ったナギサの一言は、依頼者の心をスッと楽に・・・。ひょんなことからメイに雇われ、多忙なメイに時間と心の余裕をもたらす存在になっていきます。

1972年2月19日生まれ、東京都出身です!1993年、映画『サザン・ウィンズ 日本編 トウキョウゲーム』でデビューしました!2007年のテレビドラマ『ハゲタカ』では、主人公の鷲津政彦を演じて、一躍有名となりました。

田所優太/瀬戸康史さん

この投稿をInstagramで見る

 

かえ(@sukibito_gram)がシェアした投稿


外資系製薬会社「アーノルド製薬」のMR。性格もルックスも完璧でまさに王子様的存在。また、仕事もデキるため製薬業界内では超優秀なMRとしてちょっとした有名人になっています。

誠実な人柄で、医師や営業先から絶大な信頼を得ている根っからの人たらし。ライバル会社の社員に対しても垣根なくオープンに情報を交換したり、気さくに接するなど、とにかく懐が広く非の打ち所がありません。メイと同じ営業エリアに異動になり、営業先の病院やクリニックでよく遭遇するうちに急接近していきます。そしてメイに恋の嵐を巻き起こすことに。

1988年5月18日生まれ、福岡県嘉麻市出身です!2005年7月「第2回D-BOYSオーディション」で準グランプリを受賞。12月にD-BOYSに加入し、芸能界デビューを果たします。2006年8月、『ミュージカル テニスの王子様』で青春学園テニス部・菊丸英二役を演じ注目を浴びました。

陶山薫/高橋メアリージュンさん

この投稿をInstagramで見る

 

Naoki Hirabayashi(@hiraringraphics)がシェアした投稿


メイの親友であり同僚。MRではなく、学術部門という疾患領域と製品のエキスパートをしているため、社内に常駐していることが多い。明るく積極的で裏表のない性格で、イケメン好き。趣味は美容と合コンで、婚活に勤しんでいます。

1987年11月8日生まれ、滋賀県大津市出身です!2003年8月に『横浜・湘南オーディション2003』でグランプリを獲得、2004年の4月から『CanCam』の専属モデルとなりました。NHK連続テレビ小説『純と愛』にてマリヤを演じるなど女優業でも活躍!

松平慎也/平山祐介さん

この投稿をInstagramで見る

 

Image models(@image_models)がシェアした投稿


メイの上司。横浜支店を長らく支えてきたベテラン社員で、「ミスター横浜支店」という異名を持っています。体育会系で厳しい男ですが、面倒見も良いため部下からの信頼は厚い。古藤とともに、天保山製薬の重要エリアである横浜支店の改革に取り組んでいます。

1970年11月15日生まれ、埼玉県鴻巣市出身です!コンピューター関連会社に就職しますが、モデルになるために退職。単身で渡仏し1995年にパリ・コレクションデビューを果たします。その後ジョルジオ・アルマーニ・プラダ・ロメオ・ジリといった数々のブランドの海外コレクションを経験し、フランス映画『SAMOURAIS』で俳優デビュー。

馬場穣二/水澤紳吾さん

この投稿をInstagramで見る

 

木曜ドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』(公式)(@sign.2019)がシェアした投稿


メイの同僚で、チームメンバー。愛想がなく無口で、何を考えているかわからないタイプ。営業成績は安定していて、社内の中堅という立ち位置。他人に興味がなさそうですが、突然必要な情報やアドバイスをするなど周囲をよく見ています!

1976年9月2日生まれ、宮城県仙台市出身です!2004年に俳優デビューし、沖田修一監督の短編「鍋と友達」、リー・チーガイ監督「マジック・キッチン」に出演。2009年に入江悠監督の「SR サイタマノラッパー」で注目を浴び、シリーズ第2弾「女子ラッパー☆傷だらけのライム」、第3弾「ロードサイドの逃亡者」にも出演しました。

堀江耕介/岡部大さん

この投稿をInstagramで見る

 

hiroaki.miura(@xx.m.j.t.h.xx)がシェアした投稿


メイの同僚でチームメンバー。ひょうきんな男で後輩からもいじられるなど憎めない存在。バリバリ働き成績を残しているメイのことを「さすが~」と冷やかしていますが、実は活躍するメイに対して密かに焦りを感じています。

1989年5月30日生まれ、秋田県出身です!菊田竜大さん、秋山寛貴さんと3人で芸人トリオ「ハナコ」を結成。ハナコとして、「AbemaTV presents ワタナベお笑いNo.1決定戦2018」優勝。「ABCお笑いグランプリ」第38回、第39回決勝進出。2018年「キングオブコント2018」で優勝しています。

天馬あかり/若月佑美さん

この投稿をInstagramで見る

 

shiori໒꒱· ゚(@shiori_kubo_n46)がシェアした投稿


メイの後輩でチームメンバー。やる気はありますが決して無理はしない、バランス重視型のイマドキ女子。若手ながら冷静にチームメンバーを観察していて、先輩であるメイや堀江に容赦なくツッコミを入れたりするなど、物怖じしない性格。

1994年6月27日生まれ、静岡県富士市出身です!小学生時代に『天才てれびくん』を観て、モデルを夢みた昔の自分の気持ちを思い出し、その夢を追うことを決めた。高校2年生の夏、インターネットで乃木坂46の1期生オーディションを見つけて応募し合格!2018年11月30日、乃木坂46を卒業しました!

古藤深雪/富田靖子さん

この投稿をInstagramで見る

 

富田靖子マネージャー(@tomitayasuko.mg)がシェアした投稿


天保山製薬横浜支店の女性支店長。社内で重要エリアとされている横浜支店の改革のため異動を命じられ、支店長に就任したばかり。オフィスにフリーアドレスを取り入れたりと新しい取り組みにも積極的で、横浜支店の抜本的改革を目指しています。

1969年2月27日生まれ、福岡県糟屋郡志免町出身です!1983年、中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、約127,000人の中からヒロインに選ばれました。同映画でデビューし、同時に「オレンジ色の絵葉書」で歌手デビューも果たしています!

瀬川遙登人/眞栄田郷敦さん

この投稿をInstagramで見る

 

映画『午前0時、キスしに来てよ』公式(@0kiss_movie)がシェアした投稿


メイの勤務先「天保山製薬」横浜支店にやってくる入社1年目の新入社員!原作にはないドラマオリジナルのキャラクターです!遙人は、効率主義で保守的なイマドキの若者で、メイからは「スーパー新人類」だと煙たがられます。しかし、性格は子犬のように素直で人懐っこく根は真面目なため、社内でも可愛がられるようになっていく。そしてメイとの関係にも徐々に変化が あらわれるように・・・!?

2000年1月9日生まれ、アメリカ・ロサンゼルス出身です。2018年、ファッションショー「TGC KITAKYUSHU 2018」への出演を皮切りにモデルとして活動を開始。映画「小さな恋のうた」で、主人公の親友役を演じ俳優デビューを果たしました。父と兄はそれぞれ俳優の千葉真一さんと新田真剣佑さん。

福田唯/趣里さん

この投稿をInstagramで見る

 

【非公式】木曜劇場『モトカレマニア』(@motokare_mania_2019)がシェアした投稿


メイの妹です!

1990年9月21日生まれ、東京都出身!2011年、オーディションに合格し『3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP』で女優デビュー。2016年にはNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演で注目を集めます!

相原美登里/草刈民代さん

この投稿をInstagramで見る

 

草刈民代(@tamiyo_kusakari_official)がシェアした投稿


メイの母です!

1965年5月10日生まれ、東京都新宿区出身!1996年、『Shall we ダンス?』で初映画出演及び初主演を果たします!第20回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞やキネマ旬報新人女優賞など、数々の賞を得ました。

駒木坂春夫/飯尾和樹さん

この投稿をInstagramで見る

 

尾道 千光寺【公式】(@onomichi.senkouji)がシェアした投稿


メイを応援する医薬品卸会社「しろくまメディカル」の営業課長。

1968年12月22日生まれ、東京都世田谷区出身です!2000年にコンビを結成しています。NHKEテレ「シャキーン!」のナレーションで活躍。日本テレビ「妻にはショナイで!」、フジテレビ「正直女子さんぽ」に出演しました。

肥後菊之助/宮尾俊太郎さん

この投稿をInstagramで見る

 

キャロリーヌ & アルベール(@caroline1977827)がシェアした投稿


メイがMRとして通う「肥後すこやかクリニック」の医師。

1984年2月27日生まれ、北海道札幌市出身です!17歳でフランスのカンヌ・ロゼラハイタワーに留学し、帰国後「K-BALLET COMPANY OFFICIAL」に入団。たかの友梨ビューティーのCMに出演し注目を集め、テレビ番組「アナザースカイ」の司会やドラマ「ヤマトナデシコ七変化♥」にも出演。

吉川かりん/夏子さん

この投稿をInstagramで見る

 

中山友恵(@tomoe___nakayama)がシェアした投稿


メイが勤める天保山製薬横浜支店のメンバーの行きつけである薬膳居酒屋「万薬の長」の店員。

1996年9月3日生まれ、東京都出身です!2015年『SEDA』の専属モデルとして無所属で活動をスタート。翌年に『SEDA』が休刊になり、現事務所であるトップコートに所属しました 。2016年、『世にも奇妙な物語 秋の特別編』で女優デビューをはたします。

相原茂/光石研さん

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】TBS系列火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(@watanagi_tbs)がシェアした投稿


ある日、突然メイの部屋にやってきた父。部屋ではナギサさんが家事をしていましたが、初対面のナギサさんに、晩酌をしないかと声をかけます。突然の来訪には、どうやら理由があるようで・・・。

1961年9月26日生まれ、福岡県北九州市八幡西区出身です!高校在学中に友人に誘われて『博多っ子純情』のエキストラのオーディションを受けたところ、いきなり主役に抜擢されてデビューしました。主な作品は、「不機嫌な果実」「Dr.コトー診療所」「インハンド」「トドメの接吻」「エール」など。

箸尾玲香/松本若菜さん

この投稿をInstagramで見る

 

腹黒眼鏡(@haraguro999)がシェアした投稿


未だ謎が多いナギサさんの過去を探る上での重要人物。ナギサさんの人生を大きく変えた人物のようで・・・。

1984年2月25日生まれ、鳥取県出身です!2007年に『仮面ライダー電王』で女優デビューしました。主な作品は「大河ドラマ 麒麟がくる」「ラジエーションハウス」「チア☆ダン」「コウノドリ 第2シリーズ」など。

キャストは、随時更新していきます☆

「私の家政夫ナギサさん」あらすじネタバレ

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマと邦画と俳優と(@tvdrama_lover)がシェアした投稿


製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイは、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れました!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサです。

ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイですが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられません。一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所が出現!突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所に、メイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにします。

しかも田所はライバルだというのに、爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。そんな仕事に恋愛にいっぱいいいっぱいのメイは、家政夫のナギサさんに家事をサポートしてもらい共に過ごす中で、彼の持つまるでお母さんのような”包容力”と“温かさ”、そして”癒し”に触れ、いつしかナギサさんの存在に救われていくように。

そして、ナギサさんが時間と心の余裕をもたらしてくれたことにより、仕事一筋だったメイは、「生活」「恋愛」「結婚」「家族」「将来」という自分の人生と本当の幸せについて次第に考えるようになっていく───

「私の家政夫ナギサさん」原作はある?

家政夫のナギサさん/四ツ原フリコさん

原作は、コミックシーモア発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」です。ソルマーレ編集部「恋するソワレ」で連載中♪コミックシーモアなど電子書店で配信していて、累計1,000万ダウンロードを突破しています。

現在、原作電子版は8巻まで配信中で、最新9巻は2020年3月にコミックシーモアで独占先行配信予定です。※情報:2020年2月現在。

四ツ原フリコさんって?

5月25日生まれ、千葉県在住です!「整形シンデレラ」は“”みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2020”で「女性部門賞」にノミネートされています☆

作品は?!
●スリーピングビューティーの見た夢
魔女の掌
●インプリンティングの珈琲
●お金ですべては買えません
●恋とはどんなものかしら
など、たくさんの作品を描いています!

「私の家政夫ナギサさん」全話の視聴率!

「私の家政夫ナギサさん」放送終了後に全話の視聴率を紹介していきます!

各話 放送日 視聴率
1話 2020年7月7日 14.2%
2話 2020年7月14日 12.8%
3話 2020年7月21日 12.7%
4話 2020年7月28日 12.4%
5話
6話
7話
8話
9話
10話

「私の家政夫ナギサさん」主題歌は?

『私の家政夫ナギサさん』主題歌は、あいみょんさんの新曲「裸の心」に決定しました!楽曲「裸の心」は、5月13日(水)に10枚目のシングルとして発売されることと、4月28日(火)から先行配信されることが決定しています。

あいみょんさんのコメント!
この曲ができたのは2017年。いつかいつか、と思っていた楽曲。ようやく聴いてもらえる日が来ました。この曲をリリースできることが本当に嬉しいです。もう作詞作曲した時のことや、当時の心情をあまり覚えてなくて、それが理由か分からないけれど、トオミヨウさんから届いたアレンジを聴いて涙が出ました。

ツアー中のホテルのベッドで何度も何度も何度も聴いたし、当時の私は一体なにを思ってこの曲を作ったのかを知りたくなりました。今回シングル曲でバラードのリリースは初めてですし、ドラマへの「起用」という形も初めてで、新鮮な気持ちと、緊張してます。でも、楽しみです。沢山の人に受け止めて欲しいなぁ。

「私の家政夫ナギサさん」放送日

放送開始日は?

2020年7月7日スタート!
毎週火曜日よる10時から放送です。
※初回放送は、15分拡大となっています!

スタッフ

原作:「家政夫のナギサさん」
(四ツ原フリコ 著/ソルマーレ編集部)
脚本:徳尾浩司さん(『おっさんずラブ』
編成:松本友香さん
プロデューサー:岩崎愛奈さん(TBSスパークル)
演出:坪井敏雄さん(『凪のお暇』『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』『カルテット』
山本剛義さん(『凪のお暇』『グッドワイフ』『コウノドリ』
製作:TBSスパークル・TBS

まとめ

今回は、ドラマ化される『私の家政夫ナギサさん』について紹介しました☆ドラマ・映画・CMなど、出演作が途切れることなく活躍を続ける多部未華子さん主演で、豪華キャストも勢揃いします!!本当の幸せを探すハートフルラブコメディに注目しましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆