ドラマ・映画

【探偵・由利麟太郎】相関図とキャスト!主題歌や放送日も紹介!

『探偵・由利麟太郎』

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、連続ドラマの撮影休止が続いています。4月14日スタート予定の火9ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』の放送も延期中です。そこで、撮影が終了している5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』が先に放送されると発表されました。

ハナ
ハナ
『探偵・由利麟太郎』の撮影は問題なくクランクアップしてたんだね☆
サク
サク
「竜の道 二つの顔の復讐者」も待ち遠しいけど、まずは『探偵・由利麟太郎』を楽しもう!!

今回は、相関図・キャスト一覧・あらすじ・原作・主題歌・放送日をまとめて紹介します☆

探偵・由利麟太郎」相関図とキャストを紹介♪

※相関図は公開後に紹介します!

由利麟太郎/吉川晃司さん

この投稿をInstagramで見る

 

K・H 721(@love_junkie_kyo_tomo_koji)がシェアした投稿


かつて、警視庁にその人あり、と知られた捜査一課長でした。しかし、ある事件をきっかけに退職します。それから、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、今では殺人者の行動・心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍!その一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査も手伝っています。

由利は先端恐怖症でありながら、弓で矢を射る武道・弓道の心得も。静寂の中、弓を構えて的を見据えることで、精神を集中させることが難事件解決の一助となっています。見た目は白髪の紳士であまり多くを語らない静かな男ですが、その洞察力と論理的思考は天才的です!

1965年8月18日生まれ、広島県安芸郡府中町出身です!1984年の映画「すかんぴんウォーク」で主演デビューし、挿入歌「モニカ」も大ヒットしました。1989年に布袋寅泰さんとロックユニット「COMPLEX」を結成しますが1990年に無期限の活動停止!1992年からはソロで音楽活動、2000年には俳優業を再開しました。

三津木俊助/志尊淳さん

この投稿をInstagramで見る

 

@jun_ssjがシェアした投稿


ミステリー作家志望で、由利麟太郎の助手を務めています!由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するWEBサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れているようです。事件現場でも、助手として由利とともに行動し、次々と起こる怪事件をともに推理していきます。

1995年3月5日生まれ、東京都出身です!スカウトされたのをきっかけに芸能界入りし、2011年にミュージカル「テニスの王子様」で俳優デビューを果たしました。その後、「タンブリングvol.3」「ボクらが恋愛できない理由」「東京エトワール音楽院」などを経て、特撮ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャー」の主演に抜てきされ人気に。

追加キャストは随時更新します!

探偵・由利麟太郎」あらすじ

この投稿をInstagramで見る

 

harikenrock(@harikenrock)がシェアした投稿


主人公・由利麟太郎は、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ、白髪の名探偵です。そして、そんな由利を敬愛し、助手としてバディーを組むのは、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助。おどろおどろしい、奇怪な世界を現代風に新解釈!新たな名コンビによるホラーミステリーを“京都”を舞台して描いています。

探偵・由利麟太郎」原作はある?

ドラマ【探偵・由利麟太郎】の原作は、横溝正史さんの由利麟太郎シリーズです。

この投稿をInstagramで見る

 

kimikoyoshida(@kimikimi523)がシェアした投稿


●蝶々殺人事件(角川文庫)
●憑かれた女(角川文庫)
●蝶々殺人事件(柏書房)

横溝正史さんは名探偵・金田一耕助の生みの親として知られ、金田一が活躍する『八つ墓村』『犬神家の一族』などの「金田一シリーズ」は多くの読者に愛され、多数の作品が映像化されています。

探偵・由利麟太郎」主題歌は?

主題歌を調べてみましたが、まだ公表されていませんでした!分かり次第、紹介します☆

探偵・由利麟太郎」放送日

いつからいつまで?

2020年6月16日スタート!
毎週火曜日よる9時から放送です。
5週連続特別ドラマとなっています!

スタッフも紹介!

脚本:小林弘利さん
演出・プロデュース:木村弥寿彦さん
プロデューサー:萩原崇さん・森井敦さん・福島一貴さん
制作協力:東映京都撮影所
制作著作:カンテレ

まとめ

今回は、『探偵・由利麟太郎』のキャスト相関図やあらすじ・原作などを紹介しました☆探偵・由利麟太郎は、スタジオセット撮影からロケ撮影など、すべて京都をはじめとする関西地区で行われてようです!キャストや物語のみではなく、ロケ地にも注目したいですね♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆