大河ドラマ

麒麟がくる菊丸の正体が判明?!岡村隆史の出演作や演技力にも注目!

「麒麟がくる」

三河出身の農民・菊丸を演じている、岡村隆史さんの演技が話題になっています!そして「菊丸、マジで何者?」「農民にしては怪しい」などの声も!!謎の部分がありますもんね。ということで、菊丸の正体に注目です!

ハナ
ハナ
岡村隆史さん、演技上手すぎるよね!
サク
サク
違和感が全くないもんね☆

今回は、役柄・演技力・菊丸の正体・プロフィール・代表作など、岡村隆史さんについて紹介します♪

岡村隆史さんの役柄は?!

菊丸 役!

光秀が美濃で出会う三河出身の農民。神出鬼没で、敵か味方かわかりませんが、常に光秀の危機を助けます。

ハナ
ハナ
岡村隆史さん、大河に馴染んでいるよね☆
サク
サク
今のところ、光秀のことを手助けするいい人物だね!

岡村隆史さんのコメント!

ガチガチに緊張しながらやっています。特に、クランクインの日は大失態をやらかしました(笑)。前日にセリフを完ぺきに覚えて臨んだのですが、本番がはじまる前に鳴るブザーの音が大きすぎてセリフが全部飛びました。しかも、自分が考えていたキャラクター設定も間違っていて、「どないしよう!」ってなりました(笑)。

撮影では、主演の長谷川博己さんをはじめ、すごい役者さんの演技を間近でみられるので、自分のセリフさえなければ最高に楽しい現場です(笑)。

放送日!

【総合】午後8時
【BSプレミアム】午後6時
【BS4K】午前9時

再放送
土曜日【総合】午後1時5分
日曜日【BS4K】午前8時

岡村隆史さんの演技の評価は?!


岡村隆史さん、演技で視聴者を惹き付けているのは間違いなさそうですね♪「演技、こんなに上手かったんだ」と驚きの声も多いです。今までドラマとか映画に出てないの勿体ないと感じている方もいました☆これからが楽しみです!

菊丸の正体が判明?!

なぜ、「菊丸、マジで何者?」「農民にしては怪しい」とい声があがったのか、まとめていきます☆※第4話のネタバレを含んでいます!!

“海道一の弓取り”今川義元との戦いで尾張の信秀は瀕死の重傷を負いますその知らせを受け道三は、妻の治療を終え今度は尾張へ向かうという東庵に、信秀の容体を探るように命じ、光秀をその目付け役に任命しました。光秀は菊丸をお供にし、尾張・古渡城へ向かいます。

この投稿をInstagramで見る

 

rinrin【連ドラ&映画】(@rin2_drama_movie)がシェアした投稿


光秀と菊丸は薬草売りの兄弟に変装して尾張の国境を通過。光秀から計画を聞かされた菊丸は「尾張はよく味噌を売りに来たので、どこでも分かります」と話すものの「正体を見破られたら、どうなるのでしょう?」と不安な様子。そんな彼に光秀が「そなた足は速いか?」と尋ねると、菊丸は「村一番と言われております」と答えます。


城内で囚われの身の竹千代と出会い「我を三河の刈谷まで連れていってくれぬか?」と助けを求められます。同じ三河出身の菊丸は「わしは百姓じゃが、同じ三河の者。あのお方の気持ちはよう分かります。三河は今川の駿河と、この尾張に挟まれて年中、田畑を両方から荒らされて。どちらかの力を借りなければ、やっていけない。そんな国ですから、今は我慢して尾張に頭を下げて、若君を人質に差し出して。悔しいけど、そうやって…」


そして、東庵から信秀の容態を聞き、美濃に帰る道中、尾張からの追っ手と遭遇。光秀は追っ手を引きつけると菊丸に「逃げろ!走れ!」と命令。菊丸が走り去ると光秀は1人で5人の追っ手と戦います。光秀が苦戦していると木陰から野良着の集団が追っ手に大量の石を投下。光秀はその隙に窮地から脱出しました。

2人は木の陰に隠れることに。光秀が「あのツブテに助けられた。何者だ?」と聞くと、菊丸は「どうしました?」と聞き返すだけでした。

ハナ
ハナ
このシーンがネットで話題になったんだね☆
サク
サク
菊丸、ただ者じゃない雰囲気だったし怪しいよね!

このシーンを観てインターネット上には「もしかして、光秀を救ったのは菊丸の手下かな」「竹千代の境遇に三河を重ねた菊丸…ただの百姓じゃないよね」「菊丸、マジで何者だよ…もう未来の徳川家康と接点を持っちゃったよ…服部半蔵説が濃厚になったわ」などの声が続出しました。

岡村隆史さん自身も「菊丸にはちょっと謎な部分もある気がして、聞いてみたのですが、みんな目をそらして誰も教えてくれません。」と謎を抱えているようです(笑)チーフプロデューサーは「あと1カ月ぐらいすれば、日本国民全員が分かりますから」と言っているようなので、菊丸の正体はもうすぐ判明しそうですね。

分かり次第、追記します☆

岡村隆史さんのプロフィール♪

この投稿をInstagramで見る

 

杉本知香 chika sugimoto(@sugimotoc)がシェアした投稿

名前:岡村隆史(おかむらたかし)
生年月日:1970年7月3日
出身地:大阪府大阪市東淀川区
血液型:B型
身長:156㎝
所属事務所:吉本興業
趣味:釣り・ゴルフ・スノーボード・BBQ
特技:ダンス

高校時代はサッカー部に在籍していました。そこで出会った後輩の矢部浩之さんに誘われ、1990年にナインティナインを結成。

1993年ごろから本格的に東京進出を果たし、「とぶくすり」「ぐるぐるナインティナイン」「浅草橋ヤング洋品店」「ナインティナインのオールナイトニッポン」と立て続けにレギュラーを獲得します。

2010年7月、体調不良(うつ病)のため無期限休業を発表。その5ヶ月後、11月27日放送のめちゃイケで、チリ鉱山落盤事件の救出作業を模したロケにより復帰しました。

岡村隆史さんの代表作は?

踊る大捜査線シリーズ/増田喜一 役

物語:織田裕二さんが演じる青島俊作巡査部長が主人公の「警察ドラマ」です。

役柄:若い女性の首筋に噛み付くという手口の連続婦女暴行犯。犯行は口にドラキュラのような入れ歯を付けて行っていた。湾岸署入口で行なっていた献血に並んでいた女子高生の首に噛み付こうとして、誤って魚住の腕に噛み付いてしまい、そのまま身柄を確保された。

妖怪大戦争/小豆洗い 役

この投稿をInstagramで見る

 

長谷川 光志(@hiroshi_hasegawa0914)がシェアした投稿

物語:1968年に公開された大映の同名作品『妖怪大戦争』のリメイク作品です☆

役柄:小豆洗うことしか出来ない「小豆洗い」を演じました。

決算! 忠臣蔵/矢頭長助 役

この投稿をInstagramで見る

 

映画『決算!忠臣蔵』(@akoroshi_48)がシェアした投稿

物語:歴史的に有名な討ち入り事件を題材に、限られた予算の中で仇討を果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を描いた時代劇コメディーです。

役柄:赤穂藩の金銭出納を担当する“そろばん侍”の矢頭長助を演じました。

その他の作品は?

【映画】
●岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS/主演・小鉄 役
●少林少女/大学職員 田村龍司 役
●大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE/プレッシャー星人 役
●シュアリー・サムデイ/やっさん 役
●土竜の唄 潜入捜査官REIJI/猫沢一誠 役

【ドラマ】
●ブラザーズ/警官 役
●ナニワ金融道/通行人 役
●婚カツ!/商店街の人 役
●ATARUスペシャル〜ニューヨークからの挑戦状!!〜/出前の男 役

NHK「チコちゃんに叱られる!」で司会をしている岡村隆史さんは、「ぼーっとNHKに来ていたらどえらい仕事が舞い込んできました。朝ドラを狙っていたので、まさか大河ドラマでオファーがくると思っていませんでした。」と語っています☆そのうち、朝ドラにも出演しそうですよね♪楽しみにしておきましょう!

まとめ

今回は、『麒麟がくる』で菊丸を演じている岡村隆史さんや、菊丸の正体について紹介しました!自然な演技で楽しませてくれますよね☆麒麟がくるは豪華キャストが勢揃いしていますが、菊丸の登場シーンを待っている自分がいます(笑)今後、菊丸の正体が分かると思うので、見逃さずチェックしましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆